(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年10月-12月
号数 49
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社
記事タイトル *沖縄戦遺族合祀取り消し訴訟、1審は棄却
本文テキスト  靖国神社に民間人を含む肉親が無断で合祀されて精神的苦痛を受けたなどとして、沖縄県内の戦没者遺族ら5人が、靖国神社と同神社に戦没者の氏名などの情報を提供した国に対して合祀取り消しと計50万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10月26日、那覇地裁であり、原告の請求はいずれも棄却された。
 判決は「合祀によって戦没者の社会的評価が低下することは想定できない」「原告らの信教の自由の妨害を生じさせる具体的行為はなかった」とした。一般住民が合祀されたことに関しては、「神社が何を信仰の対象とするかは絶対的に保護される価値で、遺族の心情自体を根拠に法的救済を認めることはできない」とした。また、国の関与は認めたものの責任については「合祀に対して国が事実上の強制とみられる影響を及ぼしたとも言い難い」として退けた(朝日・東京・夕 10/26、日経・東京 10/27、沖縄タイムス 10/27ほか)。
 遺族らは「戦争被害者が加害者と同列に置かれる」などと判決を不服とし、11月4日に控訴した(沖縄タイムス 11/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center