(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年10月-12月
号数 49
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *宇佐神宮後継訴訟、1審は世襲家側敗訴
本文テキスト  大分地裁中津支部は12月10日、宇佐神宮(大分県宇佐市)の宮司後継問題をめぐる同神宮と世襲家との対立で、原告である世襲家側の訴えを棄却する判決を言い渡した。提訴は(1)神宮の責任役員会が宮司に選任した先々代宮司長女の到津克子権宮司が代表役員(宮司)であること、(2)神社本庁が特任した穴井伸久宮司が代表役員としての地位にないことの確認を求めたもの。
 世襲家側は「宗教法人法で神社の自主、自立性は認められている」などと訴えたが、裁判長は、宮司就任要件である神社本庁統理の任命を到津氏が受けていないこと、穴井氏の就任が神社本庁の特任規定に該当することを理由に原告の訴えを退けた。世襲家側は即日控訴した(毎日・大分 12/11、大分合同 12/11)。[→ラーク便り46号18頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center