(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年7月-9月
号数 48
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社本庁教誨師の研究会 論説では死刑論
本文テキスト  裁判員制度導入や被収容者の更生と自立を重視する新法施行から3年を経たことを踏まえ、神社本庁教誨師研究会が3日、山口市の県神社庁で開かれた。討論会では「施設における神棚の有無」「施設内での祭典の位置づけ」について意見が出された。前日の2日には官民協働の刑務所「美祢社会復帰促進センター」を見学。同センターは初犯者が収容され、コンクリート塀や鉄格子はなく、拘禁感を軽減。職業訓練も行われる。ただ研究会参加者から、「犯罪傾向が進んでいない初犯者が収容されているとはいえ、従来の施設と比較するとやや違和感を覚えた」との声もあった(13日付)。
 法務省の死刑制度のあり方に関する勉強会が行われていることを受けて、神社新報の「論説」が死刑制度について論じている。<神道の立場からいへば>、罪と人間の関係について「大祓」の考えなどから「教育刑」の思想に<有利な根拠を与へるかのやうにも見える>とするが、しかし、<(犯罪者自身が)深い自責の思ひを見出さなければ祓い自体が無意味なものともなろう>と続く。そして<そこには自らの死を似て被害者に償ふといふ究極の方法も含まれてゐよう>と結んでいる(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center