(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年7月-9月
号数 48
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *WCRPが核兵器廃絶で研究集会
本文テキスト  WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会は7月21日、第37回平和のための宗教者研究集会「核兵器のない世界をめざして」を東京のJICA地球ひろばで開催した。5月に行われたNPT核拡散防止条約再検討会議の成果を踏まえ、市民団体、メディア、宗教者が取り組む核廃絶運動の現在と今後についてがテーマ。NGOピースデポ特別顧問の梅林宏道氏は先の再検討会議の最終文書に「核兵器の非人道性」などが明記されたことを評価。宗教者に対して「人道的側面の普及」について要請した。パネルディスカッションではWCRP国際軍縮安全保障委員会の杉谷義純氏が、現在の核廃絶運動が政治イデオロギーではなく、「純粋に人間性の問題になった」とし、<宗教者の一層の奮起を促した>(5日・12日合併号、キリスト新聞14日付に同類記事。なお、WCRP40年の歩みをまとめたレポート「原点から未来」が仏教タイムス7月15日付から4回連載)。
Copyright(c) Religious Information Research Center