(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年7月-9月
号数 48
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *ES細胞研究への助成差し止め命令
本文テキスト  首都ワシントンの連邦地裁は8月23日、人間の受精卵から作られ人体のあらゆる細胞に成長可能な万能細胞であるヒト胚性幹細胞(ES細胞)の研究を推進するため、連邦政府から国立衛生研究所へ支出されている助成を、差し止める仮命令を下した。同裁判は受精卵の破壊に反対するキリスト教系団体などが提訴したもの。ES細胞研究をめぐっては、キリスト教右派に配慮していたブッシュ前政権は連邦政府の予算支出を厳格に制限していたが、オバマ政権は助成対象となるES細胞の種類を大幅に増やして研究を推進してきた(朝日・夕 8/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center