(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年7月-9月
号数 48
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座)
記事タイトル *ES細胞の臨床実験批判
本文テキスト  7月31日のバチカン放送のインタビューで、バチカン関係者はヒト胚性幹細胞(ES細胞)の人体での臨床実験を「倫理的に誤り」と批判した。直接のきっかけは米国ジェロン社が脊椎損傷の患者への治療にES細胞の使用を計画し、米食品医薬品局(FDA)が認可したこと。ES細胞は人間の受精卵から作られるため、これを用いた治療や研究についてカトリック教会は「人間を犠牲にすることになる」と非難しているが、成人の幹細胞や臍帯血由来の幹細胞を使った研究と治療は支持している(カトリック 8/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center