(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年12月-2004年2月
号数 22
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *皇室
本文テキスト  元日の四方拝など、<天皇陛下には(中略)、昨年は病気御療養で新年にあたっての宮中祭祀はすべてお控えになられたため、二年振りに新年の祭祀に臨まれることとなった>(12日付)。皇室の新年行事を以下、列挙する。2日に皇居一般参賀(12日付)。9日に新春「講書始の儀」(19日付)。
 14日に宮中歌会始。宮城県の日高神社宮司である大和昭彦氏が預選者に(26日付)。昨年12月23日、<天皇陛下には(中略)満70歳のお誕生日をお迎えになり(中略)宮中三殿での天長祭に臨まれた(1日付)。ほかに1日付に渡辺允待従長への特別インタビュー記事と象徴天皇制度についての論文あり。
Copyright(c) Religious Information Research Center