(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *やすくに活世塾 村上重良説を検証批判
本文テキスト  靖国神社崇敬奉賛会は5日、「やすくに活世塾」の第3回講座を靖国教場・啓照館で開いた。講師は阪本是丸・国学院大学教授、テーマは「靖国神社と国家神道 慰霊か、顕彰か―『靖国』の思想とは何か」。阪本氏は村上重良著『慰霊と招魂』の文章を紹介しながら具体的に検証し、批判。同書の主張する「(靖国神社は)国家神道をささえる巨大な支柱」という<言葉が与へる印象と事実とに差異があることを説明した>。講義後の討議では、「かつて寂れていった招魂社の状況が、今の靖国神社にもいえるのではないか。だからこそ活世塾があるのであって、立て直していくのは我々ではないのか」などの意見が出された。なお活世塾は<人材育成のために設立>された(21日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center