(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *臓器移植 医学VS宗教を超えて
本文テキスト  「宗教と社会」学会の第18回学術大会が5日-6日、京都市の立命館大学で開かれ24の個人発表、4つのテーマセッションが行われた。セッションの1つは「臓器移植と人間文化―医学・医療VS宗教文化という二元論を超えて」。7月から施行される新臓器移植法を巡っての論議をとりあげ、推進派と批判・慎重派が対立しているとみられる「医学・医療」と「宗教文化」をさまざまな角度から考え直すというもの。安藤泰至・鳥取大学医学部准教授は「宗教的な立場からの反対論には、脳死・臓器移植というシステムの構造に対する認識が薄い」とし、宗教の問題として「目の前の痛み苦しんでいる人にどうかかわるのか、という原点に戻って考えるべき」と発信した。発表者はほかに土井健司・関西学院大学神学部教授と美馬達也・京都大学高次脳機能総合研究センター准教授。(関連として、教団付置研究所懇話会生命倫理研究部会の尊厳死問題での研究会の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center