(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *NPTに日本から宗教者が参加
本文テキスト  第8回核拡散防止条約(NPT)を見直す再検討会議が3日からニューヨークの国連本部で開かれ、これに日本の宗教者も参加した。立正平和の会は2日、日蓮宗の渡辺総長から託された親書と署名を前回(2005年)のNPT再検討会議議長のセルジオ・ドアルテ氏(国連上級高官)に手渡した。また同日に行われた9・11テロ跡地「グラウンド・ゼロ」の法要に臨んだ。日本宗教者平和協議会は原水爆禁止日本協議会代表団の一員として渡米した(13日付)。7日の「NGOからの提言」セッションに、世界宗教者平和会議(WCRP)国際軍縮安全保障常設委員会の杉谷義純委員長(天台宗宗機顧問)が登壇。核兵器のない世界実現への行程表設定を訴えると共に、WCRPが世界的規模で行っている軍事費削減運動「アームズダウン・キャンペーン」について報告した(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center