(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *東アジア国際フォーラム 現代の苦悩を
本文テキスト  社会活動を行っている仏教者の国際ネットワークINEB(仏教者国際連帯会議)の東アジア国際フォーラム「現代の苦悩と向き合う仏教」が5-8日、東京の築地本願寺を主会場に開催され、日本、韓国13人、台湾6人の約50人が参加した。日本は「自殺対策に取り組む僧侶の会」の藤澤克己代表(本願寺派)が「安心して悩むことができる社会」をめざしていると語った。韓国や台湾の代表は、他宗教との平和的共存のあり方や小寺院の未来について述べた。また韓国のBSR(改革のための仏教者連帯)のソン・キーソ氏は、賭博常習の高位僧侶の糾弾や大寺院の経営透明化キャンペーンの成果を発表。ソン氏は、<仏教界の極端な世俗化が腐敗の温床になっていると指摘>した(8日付、15日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center