(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗教系大学の新状況
本文テキスト  皇学館大学で3日、入学式が行われた。新設の現代日本社会学部は定員100人のところ、新入生は98人。文学部374人、教育学部264人は2009年より定員を上回った(8日付)。高野山大学も3日に入学式。学部生は昨年より7人多い41人が入学したが、定員50人を割った(8日付)。一方、仏教学部が17年ぶりに復活した大正大学では同学部に116人が入学。<幸先の良いスタートを切った>(20日付)。
 霊友会を母体にした国際仏教学大学院大学は都内港区から文京区に新キャンパスを移転。3月29日落成式を行った。同大学院は日本古写経のデータベース化を進めており、「デジタル収集を進め、仏教研究の発信場所となるよう努力する」と落合俊典教授(8日付)。
 仏教大学は、廃止予定の京都市立看護短期大学の同大看護学科への統合を計画していたが、市議会が同短大廃止を否決したため、独自に2011年度に開設をめざすと6日に発表した(10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center