(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *伊万里トンテントン祭、死亡事故で奉賛会解散
本文テキスト  伊萬里神社(佐賀県伊万里市)で開催される「伊万里トンテントン祭」を主催してきた「伊万里トンテントン祭奉賛会」が5月18日、解散した。これにより、荒神輿と団車(だんじり)を組んで押し倒す「合戦」と呼ばれる行事が廃止され、今後は神輿の巡幸のみとなる。2006年10月、同祭の合戦で男子高校生が団車の下敷きになり死亡した事故をめぐって、遺族は従来の合戦の形式が変わらない場合は、4,500万円の損害賠償を求めるとの内容証明郵便を同会などに送付。同会は神輿を担ぐ世帯へのアンケートを2月に実施し、約7割が合戦廃止を選んだため、廃止を決定した。遺族との間では、2月25日付で示談が成立した(佐賀 4/22、5/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center