(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年4月-6月
号数 47
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *NPT再検討会議に合わせて被爆マリア像が訪米
本文テキスト  5月3日から国連本部で開催された核拡散防止条約(NPT)再検討会議の前日に、自身も胎内被爆者であるカトリック長崎大司教区の高見三明大司教が、原爆によって崩壊した長崎市の旧浦上天主堂のがれきの中から発見されたマリア像の頭部を持参し、ニューヨークのセント・パトリック大聖堂で核廃絶を訴える平和希求のミサを行った。ミサには、NPT再検討会議の議長、日米の信者、被爆者ら数百人が参列した。高見大司教は、被爆65年の機会に、4月から被爆マリア像とともにバチカンやスペインを巡っていた(長崎 5/4ほか)。
 また、高見大司教は3日、国連本部で潘基文(パン・ギムン)事務総長と会談、2010年8月6日に広島訪問を予定している同氏に長崎への訪問も要請、前向きな回答を得た(読売 5/5ほか)。[→バチカン参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center