(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年12月-2004年2月
号数 22
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *三島由紀夫の憲法論
本文テキスト  作家の三島由紀夫が東京・市ヶ谷の自衛隊で隊員に憲法改正を訴え、決起を呼びかけた後、自刃して33年の11月25日、慰霊祭や集会が行われた(1日付)。神社新報紙は事件直後の取材のなかで、三島の現憲法への「問題提起」を入手したとし、論評を付してその抜粋を紹介している。三島は憲法第1章の天皇と第9条の戦争放棄を集中して論じており、両章の対立矛盾を指摘。もし、「第9条だけが改正されるならば、日本は楽々と米軍事体制の好餌となり、自立はさらに失はれ、日本の歴史・伝統・文化はさらに危機に瀕するであらう」と主張する(1日付、8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center