(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *不活動寺院対策、僧侶資格取得是正へ
本文テキスト  真言宗豊山派の宗会通常会が3-5日に開かれ、予算案など15議案を可決した。以下、2点について。(1)不活動宗教法人対策。脱税目的の霊園事業や名義貸しや、インターネットでの法人格売買が行われている社会情況や文化庁の要望を受けて対策を講じる。豊山派内には不活動寺院21、住職代務者寺院8が存在することから、法人の存続、吸収合併、任意解散等について対策委員会規則を設けて協議を行う。(2)教師資格特例規定の廃止。加行・灌頂なしに僧侶になれる規定を廃止する。本来は住職の戦死による寺庭未亡人への緊急避難的などのものであったが、現在では悪質葬祭業者や通信教育による安易な僧侶資格取得に悪用される恐れがあるため、それを防ぐ目的(11日付。中外日報6日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center