(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *「宗教文化士」資格認定に向けシンポ
本文テキスト  シンポジウム「宗教文化教育に求められるもの」が1月24日に国学院大学で行われた。「宗教文化士」資格認定の実施に向けたもので、主催は「大学における宗教文化教育の実質化を図るシステム構築」。シンポでは大学・高校の教員、行政、企業などの発題者が<幅広い視点>から意見を交わした。木村敏明・東北大学准教授は、資格が「<他者の生き方>理解のための<宗教文化教育>ということを明確に打ち出していること」を評価。多田哲・日本ユニシス株式会社CSR推進部長は、CSR(企業の社会的責任)や国際化による海外進出などから「宗教文化をはじめとした複数視点での社会理解が必要」と<期待感を示した>。一方、東京大学文学部学生の長井恵美氏は、所属研究室の学生の意見を報告。「宗教」「宗教学」に対するイメージの低さから、「取得しても資格欄に書きたくない」など否定派のほうが多かったという。質疑応答では「資格を悪用されないために倫理規定を設ける」などの指摘がなされた。第1回の認定試験は2011年5月-6月頃の予定(4日付。中外日報1月7日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center