(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *初詣人数減少 警察庁は全国集計を発表せず
本文テキスト  警察庁は毎年行ってきた正月三が日における全国初詣人出調査の発表を今年から取り止めた。理由は「これまで主催者調べの数を取り纏めて発表してきたが、当庁で調べたものではなく、数字に責任が持てないため中止することにした」という。神社新報紙による警視庁及び各道府県警察本部への問い合わせにおいても、1都2府15県が発表を控えた。回答を得られた道県のうち半数で参拝者の減少がみられた。日本海での降雪や厳しい冷え込みが影響とみられる。また、出費を抑えるため初詣など外出を控える傾向や、1月3日を帰省先からの移動日にあてた場合も多かったようだ(18日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center