(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *愛子さま、学校欠席をめぐり波紋
本文テキスト  宮内庁の野村一成東宮大夫は3月5日、皇太子ご夫妻の長女愛子さまが1日から学習院初等科にほとんど出席できなかったと発表した。愛子さまは2年生で、同学年に乱暴な男児が複数おり強い不安感や腹痛などを訴えたという(朝日・東京 3/6)。報道は国内にとどまらず海外にまで飛び火。学習院広報課によれば、7日午前から初等科付近に街宣車14台が集まり、「愛子さまをいじめたやつを許すな」などと声をあげたほか、学校側への非難電話やファックスなどは計200件を超えた(毎日・東京 3/13、AERA 3/22号)。
 こうしたなか、天皇皇后両陛下が9日、一連の騒動に関連する愛子さま、学校、一般の児童について「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」との憂慮を野村東宮大夫に伝えたことが11日、同庁東宮職の発表で明らかになった(産経・東京 3/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center