(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *天皇陛下の公的行為に対する政府見解
本文テキスト  2月24日、天皇陛下の「公的行為」のあり方をまとめた政府見解の全文が明らかになった。見解は、天皇陛下の公的行為が外国賓客の接待、外国訪問、国会開会式への出席など広範にわたるため、「それぞれの公的行為の性格に応じた対応が必要」「統一的なルールを設けることは現実的ではない」と指摘。内閣は「公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき義務を負っている」とした。
 宮内庁は陛下と外国要人の会見について、陛下の年齢や体調への配慮に加え、相手国との面会を公平に調整する必要があることから、1ヶ月以上前の文書申請を外務省に要請していたが、政府がこのルールを破り2009年12月、陛下と中国の習近平国家副主席の会見を実現させたことを受け、自民党の谷垣禎一総裁が1月の衆院予算委で「(天皇陛下の)政治利用を避けるためのルールが必要だ」として政府見解の提示を求めていた(読売・東京 2/25)。[→ラーク便り45号25-26頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center