(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆真光元神社(次世紀ファーム研究所)
記事タイトル *中1女子死亡事件で過失致死無罪、賠償責任も認めず
本文テキスト  岐阜県恵那市の自然食品研究施設「次世紀ファーム研究所」で2005年7月、糖尿病治療のため滞在していた神奈川県の中学1年生の女子生徒がインスリンを投与されなかったため死亡した事件で、過失致死と薬事法違反の罪に問われた看護師女性(同県逗子市)の判決公判が2月18日、岐阜地裁であった。地裁は過失致死については無罪、薬事法違反については懲役1年執行猶予3年、罰金50万円を言い渡した(日経・名古屋・夕 2/18、朝日・名古屋・夕 2/18)。
 この事件をめぐっては、独自の健康食品に頼り適切な治療を受けさせなかったのが原因だとして、死亡した女子生徒の両親が施設代表の男性らに慰謝料計約1億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していた。3月29日の判決では、「(施設側は)重い糖尿病だと認識しておらず、死亡を予見できなかった」として注意義務を認めず、請求を棄却した(中日・名古屋 3/30、岐阜 3/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center