(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *イルカ漁のドキュメンタリー映画、米アカデミー賞受賞で波紋
本文テキスト  和歌山県太地町のイルカ漁を取り上げた米映画「ザ・コーヴ」が3月7日、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、地元漁業関係者を中心に波紋を呼んだ。映画はイルカがもりで突き刺されて海が真っ赤に染まるなど漁の残酷さを強調した作品。隠し撮りなどの撮影手法も問題になった。伝統的な食文化への理解を訴え、映画の主張を批判する太地町には、匿名の日本人からも「かわいいイルカを殺すなんて許せない」など150件以上の抗議が殺到した。
 映画の日本公開には、太地町などが反発しており、2009年10月の東京国際映画祭では上映されたが、3月6日に立教大学で行なわれる予定だった上映会は中止になった。全国での一般公開予定は2010年夏。太地町の主張をテロップで挿入したり、町関係者の顔にぼかしを入れるなど配慮する(朝日・東京・夕 3/8、毎日・東京・夕 3/15、産経・東京 3/19、日経・東京 3/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center