(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国外
大分類 【8.北米・中南米】
小分類(国名等) ◆ハイチ
記事タイトル *ハイチ大地震関連
本文テキスト  1月12日に発生した大地震により、20万人を上回る犠牲者を出したハイチでは、救援活動が難航している。アフリカから黒人奴隷がもたらした民間信仰とキリスト教が混じり合ったブードゥー教の信仰が根強いために、遺族が宗教的儀式を済ませていない遺体を触らせないことなどが難航の原因との報道がなされた(東京 1/17)。また、現地のトップをはじめ、史上最悪の職員101人の犠牲者を出した国連では19日、ニューヨークの本部で事務総長らが列席した追悼集会を開いた(毎日・夕 1/20ほか)。
 1月30日には、被災者の子ども33人をドミニカ共和国へ連れ出そうとしたアメリカのキリスト教バプテスト派の慈善団体関係者10人が逮捕された(毎日 2/1ほか)。なお、このうち8人は、子どもの将来のために自らの意思で引き渡したとする親たちの証言により2月17日に釈放(朝日 2/19)。ハイチ政府は、地震発生から1ヶ月が経った2月12日を犠牲者追悼のための休日とし、当日、首都ポルトープランスの各教会や施設等において追悼の祈りがささげられた(赤旗 2/14ほか)。[→アメリカ参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center