(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国外
大分類 【8.北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *米航空機テロ未遂事件、続報
本文テキスト  オバマ大統領は1月2日の国民向けのビデオ演説の中で、2009年12月25日に発生した米航空機テロ未遂事件について、犯行声明を出していたイエメンを拠点にするアルカイダの系列組織を名乗る「アラビア半島のアルカイダ」の関与を公式に言明し、イエメン政府と軍事協力してテロ対策を行う方針を示した(北海道 1/3ほか)。一方、ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告は、法廷で無言による「無罪」を主張した(東京 1/9ほか)。1月24日、中東の衛星テレビ「アルジャジーラ」は、犯行への関与を認め、アメリカへのさらなる攻撃を警告するアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者のものとされる音声声明を報じた(東京 1/25ほか)。[→イエメン参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center