(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国外
大分類 【7.西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座)
記事タイトル *シナゴーグの教皇訪問で波紋
本文テキスト  ローマ教皇ベネディクト16世は、1月17日にローマのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)を初めて訪問した。教皇のシナゴーグ訪問は、前教皇ヨハネ・パウロ2世が1986年に訪問したのに続き、史上2人目。教皇を歓迎する式典で、ユダヤ人指導者の1人は第二次大戦中の教皇ピウス12世の沈黙がユダヤ人を苦しめたと訴えた。これに対し、ベネディクト16世はピウス12世が多くのユダヤ人を宗教施設に匿いホロコーストから救ったと述べたが、シナゴーグに集まったユダヤ人の多くが反発し、バチカンの当時の公文書を開示すべきと求めた(東京 1/19)。バチカンは2009年12月19日に前教皇ヨハネ・パウロ2世とともにピウス12世を「尊者」にすることを決めたが、その後、各国のユダヤ系団体が批判的な声明を発表しており、事態の沈静化が図られていた(朝日 1/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center