(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2010年1月-3月
号数 46
媒体 国外
大分類 【5.アフリカ】
小分類(国名等) ◆ナイジェリア
記事タイトル *イスラム系住民がキリスト教徒の村を襲う
本文テキスト  中部プラトー州の州都ジョスで3月7日未明、イスラム系住民がキリスト教徒の多く住む村を襲撃する事件が起こった。死者は少なくとも500人にのぼり、95人が拘束された。当地では1月にもキリスト教徒がイスラム系住民を襲撃し、400人以上が死亡しているため、今回の事件はその報復であるとも伝えられた。イスラム教徒が多く住むナイジェリア北部とキリスト教徒が多く住む南部の中間にあたるプラトー州は、豊かな農地を持っているため、農地の帰属争いをめぐって2001年、2008年にも衝突が発生している(北海道 3/9ほか)。首都アブジャのカトリックのジョン・オロルンフェミ・オナイエカン大司教は、「この衝突の原因は古くからの民族的対立にあり、宗教的性質によるものではない」との見解を示した(クリスチャン 3/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center