(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *WCRPが日本でアフガン円卓会議
本文テキスト  世界宗教者平和会議(WCRP)と「支えあう安全保障」日本議員連盟は外務省の協力のもと、11月23日-25日に都内でアフガニスタンの和解と平和に関する円卓会議を開いた。会議は「出席者の安全確保と討議の自由性を考慮」して<異例の非公開>。出席者はアフガニスタン、パキスタン、イラン、サウジアラビア、EU及び日本などの外交問題担当者、研究者ら。記者会見においてフランセスク・ベンドレル元アフガニスタン特別代表は、今回の会議が「日本政府が50億ドルの支援を発表した直後であり、他国からの支援にも弾みをつけることになったのではないか」と語った。
 また提言が岡田克也外務大臣に手渡され、そのなかにはWCRPを推進役とし、著名なイスラム法学者を招集、<正しいイスラムのあり方>について教えを広めることが含まれている(3日付。中外日報1日付に同類記事。関連として、10日付にWCRP日本委員青年部会を主催の「軍縮と開発のための青年宗教者サミット」の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center