(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *政府による天皇の政治利用は不敬
本文テキスト  15日に天皇と、来日した習近平中国国家副主席の会見が行われたが、これはいわゆる「1ヶ月ルール」の慣行を政府が破ったものとして、<天皇陛下の政治利用に対し、批判の声が?っている>。前日の14日、神道政治連盟国会議員懇談会(安倍晋三会長)、真・保守政策研究会(同)、日本会議国会議員懇談会(平沼赳夫会長)は相次いで総会を開き、会見決定の白紙撤回を求めた。3団体は首相官邸に申し入れを求めたが拒否された。宮崎義敬・神道政治連盟会長は、「皇室の尊厳に影響を及ぼす現政権の不敬な態度に強い憤りを覚える」とコメントした(21・28日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center