(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *即位20年の諸行事
本文テキスト  14頁にわたる<天皇陛下御即位二十年奉祝特別号>。そのうち約10頁が神社関係を中心とした奉祝広告である。12日に行われた諸行事は以下の通り。(1)<天皇陛下には宮中三殿に御奉告遊ばされ>、(2)<伊勢の神宮に幣帛を奉られた>、(3)神武天皇山陵、昭和天皇山陵、香淳皇后山陵で奉告祭典、(4)政府による記念式典、(5)皇居前広場での「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」第一部および第二部。
 なお政府の式典において、<両陛下がとくに関心を寄せられてゐる各分野から国民を代表して招かれた>のは以下の9人。新潟県知事の泉田裕彦氏、理化学研究所理事長の野依良治氏、日本パラピアンズ協会会長の河合純一氏、元ひめゆり学徒隊員でひめゆり平和祈念資料館館長の本村つる氏、大嘗祭で新穀を耕作した大田主の伊藤容一郎(秋田)、穴井進(大分)の両氏、NGOペシャワール会代表の中村哲氏、女優の池内淳子氏、女子柔道選手の中村美里氏(23日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center