(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *寺の公益性シンポ “祈り”に公益性
本文テキスト  全国青少年教化協議会(全青協)の臨床仏教研究所は6日、都内で「お寺の公益性を考えるシンポジウム2009―社会はお寺に何を求めているのか」を開いた。シンポに先立ち寺院に対する意識調査の結果が発表された。1年間のうち寺を訪れた人は77%で、目的は墓参りが60%強。報告者は、寺に関心はあるが現状が墓参りや観光のためであり、「30年50年後を見据えた取り組みが必要」と指摘した。シンポでは智山伝法院教授の鈴木晋怜氏が、伝統教団は公益性に関し強迫観念に縛られているようだと現在の潮流を俯瞰、「住職が社会に開かれた活動をしても、その寺に公益性があるとは限らない」とし、<“祈り”には公益性がある>と発言した(15日付。中外日報8日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center