(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *本願寺派 750回遠忌と食事のことば改定
本文テキスト  浄土真宗本願寺派の親鸞聖人750回大遠忌法要が12-16日まで、京都市の大谷本廟で<修行され>る。14日までは新制定の宗祖讃仰作法に依る。これは親鸞の和讃と念仏から構成された<和語中心の画期的な法要作法>である。期間中は国内外から約1万5千人が参拝する(15日付。8日付に関連記事)。
 本願寺派総局は約50年前に改定された「食事のことば」の内容を改める方向で検討を進め、9月末の教学振興評議会でも意見が出された。現行のものは「み仏と、みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました」とあり、仏がキリスト教のような造物主と受け取られかねない。そこで改定文では、食事が多くの動植物のいのちの犠牲の上に成り立っていることを踏まえ、いのちへの感謝と慚愧を明らかにする。文案は「多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このご馳走を恵まれました、深くご恩を喜び、ありがたくいただきます」(17日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center