(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神仏習合・分離でパネル発表
本文テキスト  日本宗教学会学術大会が9月11-13日に京都大学で行われ、神道関係では2つのパネル発表があった。ひとつは「神仏分離研究の現代的意義―神仏関係史の再構築を目指して―」。櫻井治男・皇学館大学教授が代表を務め、神仏関係を通史的研究という観点で据え直そうというもの。もうひとつは藤本頼生・神社本庁総合研究所研究員が代表の「神仏習合・神仏分離における神職・僧侶の諸相―神仏関係史再考―」。前近代から近代に至るまで、個別に論じられがちだった生活との関係や宗教の構造変化の様相を各地の事例によって検証しようというものである(12日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center