(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社界における脳死・臓器移植議論を整理
本文テキスト  神道青年全国協議会は6-7日、神社本庁において連続講座「生成期の現代神道」の2回目として「生命倫理と現代神道」をテーマに秋期セミナーを開いた。国学院大学研究補助員の小林威朗氏(久伊豆神社権禰宜)が神社界での脳死・臓器移植に関する議論を整理。(1)臓器移植の「不自然さ」を感じながらも、そのことを明確に表現できていない、(2)神道思想よりも関係者に対する「人情」が優先されている、とした。そして特定宗教の思想に依拠して生命倫理を論じることは限界があり、普遍的価値観の抽出が重要とし、神道の「敬神崇祖」は普遍的価値観のひとつにあたると語った(19日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center