(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *平和へ シンポからアフガン現地報告まで
本文テキスト  日本聖公会は9月22日、立教大学でシンポジウム「東アジアの平和と聖公会」を開き、韓国、フィリピン、日本の主教三氏が発題した。日本の谷昌二主教は、1996年の総会で承認した「戦争責任に関する宣言」の教会、信徒レベルでの共有は「厳しい状態」と指摘し、日本の平和憲法の有効さを訴えた(キ10日付)。
 第35回カトリック正義と平和全国集会が10-12日、さいたま市の大宮教会などで開かれた。基調講演は長野県中川村村長の曽我逸郎氏。曽我氏は<経済成長主義によらず「普通に食べて助け合う生活」の実現を目指し>ており、2009年の県の戦没者追悼式で来賓が「(平和が)戦没者あってのもの」という挨拶をしたのに対し<平和は犠牲を必要とするもの>ではないと疑問を呈した。また「福音と憲法」などの分科会が行われた(カ25日付)。
 「宗教者九条の和」は9月26日、広島市の世界平和記念聖堂で5回目のシンポジウムと平和巡礼を行った(キ17日付、カ4日付。仏教タイムス8日付に同類記事)。
 平和を実現するキリスト者ネットなどがつくるワールド・ピース・ナウ実行委員会は9月19日、東京の社会文化会館で、ペシャワール会医療サービス総院長である中村哲氏の現地活動報告会を行った。中村氏は8月に同会の伊藤和也氏が殺害された後も現地で総指揮をとり、用水路を完成させた(キ10日付。仏教タイムス8日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center