(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *国会「お言葉」をめぐって
本文テキスト  岡田克也外務大臣は10月23日の閣僚懇談会において、国会開会式での天皇陛下の「お言葉」について、「陛下の思いが少しは入ったお言葉をいただく工夫ができないか」と述べた。これまで、阪神大震災直後を除き毎回ほぼ同じ文言が用いられていることに対する持論を展開したもの。閣僚が天皇陛下の発言について意見を述べるのは異例(読売・東京・夕 10/23ほか)。
 これに対して、宮内庁の羽毛田信吾長官は、「陛下の憲法上のお立場をふまえれば、毎回違うお言葉になるような性格のものではない」と述べた。また「国事行為に準じた位置付けであり、閣議で決定される」と指摘し、内閣で議論すべきとの考えを示した(産経・東京 10/24ほか)。野党のみならず民主党内からも批判があり、鳩山由紀夫内閣総理大臣は、陛下の気持ちを推し量ることはできないので、「コメントすべきでなかった」と批判した(産経・東京 10/25)。結局26日の臨時国会開会式での「お言葉」は、例年とほぼ同じ内容になった(毎日・東京 10/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center