(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *本願寺派、参院選へ僧侶の候補を公募
本文テキスト  浄土真宗本願寺派(京都市)が、2008年夏の参院選で「宗門特別推薦」を行うことを決め、宗門が擁立する候補者の公募を始めたことがわかった。候補者の公募は今回が初めて。本願寺派は2007年の参院選で宗門特別推薦の規約を設け、宗門代表として民主党公認の藤谷光信氏、自民党公認の谷川秀善氏の僧侶2人を推薦、ともに当選した。公募は本願寺派の僧侶であることが条件。自薦、他薦、所属政党は問わず、比例代表での擁立を検討しているという。本願寺派は「国政の課題に宗教的な考えを伝えるためにも国会へ人材を送りたい」としている(京都・京都 10/6)
Copyright(c) Religious Information Research Center