(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *民主党小沢幹事長、「キリスト教は排他的」と発言
本文テキスト  「キリスト教もイスラム教も非常に排他的だ。その点仏教は非常に心の広い度量の大きい宗教、哲学だ」。民主党の小沢一郎幹事長が11月10日、高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)座主で全日本仏教会会長の松長有慶氏との会談直後、記者団に語ったもの(朝日・東京 11/11)。この発言をめぐり、日本キリスト教連合会は、11月11日付で発言の撤回を求める抗議文を小沢幹事長に送付した(毎日・東京 11/15)。
 一方、小沢幹事長は16日の記者会見で、自身の発言について「(仏教の世界観では)生きながらに仏にもなれるし、死ねば皆、仏様。ほかの宗教で、みんな神様になれるところがあるか」などと説明した(朝日・東京 11/17)。こうしたなか、日本キリスト教協議会は12月7日、発言の真意をただす申し入れ書を小沢氏に渡した(東京・東京 12/8、朝日・東京 12/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center