(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年10月-12月
号数 45
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *少林寺、香港市場への上場計画
本文テキスト  12月16日、河南省の少林寺が旅行、文化関連事業を会社化して香港の市場に上場するという構想が明らかになった。香港の旅行会社と地元の登封市がそれぞれ51%、49%の割合で1億元(約13億円)を共同出資、2011年にも合弁会社「少林文化観光」を設立する方針。少林寺の収入は入場料だけでも年間1億5千万元、武術学校では年3億5千万元とも言われている。こうした動きに対して少林寺の宗教関係者は蚊帳の外に置かれた状態で、「市に寺のことを決める権限はない」と反発している(日経 12/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center