(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *創価学会・公明党 総選挙及び矢野氏回想
本文テキスト  創価学会を支持母体とする公明党は党代表、幹事長らが落選し、31議席から21議席に減少。これは1967年の衆院初進出時の25人を下回る<歴史的敗北>。比例ブロックは前回899万票から805万票に減った。創価学会の固定票は約550万票であり、それ以上は<“浮動票”と推測され><うまみがなくなったいま速やかにかき消えていくだろう>(3日付、10日付。17日付に関連記事)。
 創価学会から離反した矢野絢也元公明党委員長は最近、著書や弁論が目立つ。その回想のひとつ。1990-91年、創価学会本部に国税庁が入ったが、その水面下で創価学会は矢野氏に(1)公益会計部門に絶対立ち入らせない、(2)大口献金者リストの提出要求を絶対はねつける、など6項目のペーパーを渡したという。記事は<政党幹部が、特定教団のために、納税を阻止しようとした。これは犯罪を飛び越え、租税国家としての体制もゆるがすものである>としている(24日、10月1日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center