(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *キリシタン大名顕彰に危惧感示す
本文テキスト  長崎県の大村市神道議員連盟は6月30日に市内で総会を開いた。その席で同連盟の野口幹事長は、市がキリシタン大名の大村純忠の顕彰事業を行っていることに触れ、歴史を断片的に取り上げ純忠を英雄視する傾向に<危機感を示した>。純忠は寺院を焼き払い、領民をキリスト教に強制改宗させ、領地をイエズス会に寄進したとされるが、顕彰事業ではそうした事実を無視しているという。同議員連盟は大村市議会定数25人のうち10人が加入している(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center