(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *“政教分離違反”政府答弁などに言及
本文テキスト  政教関係を正す会の総会・研究会が18日、神社本庁で開かれた。研究会で百地章・日本大学教授が「最近の政教問題報告」を発表。内容は3つ。(1)2008年10月7日の宗教団体の政治活動をめぐる政府答弁とその後の動き、(2)靖国神社に対する霊璽薄等抹消訴訟に対する2月26日の大阪地裁判決、(3)砂川市市有地内神社(空知太神社、富平神社)訴訟の最高裁大法廷への回付。
 (1)についてはオウム真理教を例にあげた質問だったが、政府答弁は百地氏によれば「“政教分離違反”と明言する画期的」なもので、<創価学会・公明党による政治活動は政教分離違反になる可能性がある>と解説した。しかし政府答弁は12月24日の答弁書により撤回された。百地氏は公明党の圧力を報じる記事を示しつつ、これは「極めて異例なこと」と指摘した(27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center