(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆幸福実現党
記事タイトル *衆院選に総裁含む337人が出馬も、全員落選
本文テキスト  7月22日、大川隆法幸福の科学総裁は、同党総裁への就任と、衆院選比例東京ブロック1位での出馬を表明した(産経・東京 7/23ほか)。29日、発明家ドクター・中松の同党からの出馬と、消費税等廃止・北朝鮮ミサイル防衛・3億人国家等を唱える同党マニフェストが発表された(夕刊フジ・東京 7/30、読売・大阪 7/30ほか)。
 8月2日、産経新聞朝刊に田母神俊雄・前航空幕僚長と大川きょう子同党宣伝局長の国防問題を中心とした対談が、2面にわたる全面「意見広告」として掲載された。(産経・東京 8/2、同・大阪 8/2)。
 13日、同党の衆院選撤退が報道されるも、同日午後には撤退しない方針を表明(報知・東京 8/14ほか)。15日、大川総裁の不出馬が表明されるも、翌16日には比例近畿ブロック1位での出馬が決まった(報知・東京 8/17ほか)。最終的に比例49人・小選挙区288人の計337候補の擁立となった(産経・東京 8/19ほか)。
 30日、投開票が行われ、全員が落選した。比例での得票は約46万票、小選挙区では約107万票だった(日経・東京 8/31、サイゾー 10月号ほか)。今回の落選で供託金計11億5、800万円が没収されたとされる(週刊実話 9/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center