(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *田母神氏、広島平和式典を「左翼の大会」と批判
本文テキスト  太平洋戦争での日本の侵略を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄・元航空幕僚長が、原爆が投下された8月6日に広島市で開かれる平和記念式典を「左翼の大会」と批判して問題になっている。田母神氏は衆院選中の8月24日、改革クラブの西村真悟候補の応援演説をした際、平和式典には広島市民も被爆者も被爆者の家族もほとんどおらず、参加者は「全国から集まった左翼」と発言。その後も各地の講演などで、同様の趣旨の発言を繰り返している。その根拠については「広島の知人が皆そう言っている」と説明。
 平和記念式典は広島市主催で、今年は約5万人が参加。座席は約1万2千用意され、被爆者と遺族、家族用の席2、500席はほぼ埋まっていたという(朝日・東京 8/25、朝日・大阪 9/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center