(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年7月-9月
号数 44
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *「直葬」の広がりと現代社会
本文テキスト  産経新聞は9月、秋の彼岸にあたり3回連続で、通夜や葬式をせず簡素なセレモニーのみで火葬して納骨する「直葬(ちょくそう)」に関する特集記事を掲載した。ここ10年ほどでこの様なスタイルの葬儀が急増し、東京都心部では2-3割に達するという説もある。価値観の多様化、高齢者層における社会関係の断絶、独身者の増加、親子関係の希薄化などがその背景にあると考えられている(産経・東京 9/22)。こうした事態に対し、これまで葬儀と密接にかかわってきた仏教界では危機感が高まっている。葬儀における僧侶の存在が必ずしも重視されず、伝統的な宗教様式に対する関心が薄れ、僧侶たちもそれを自覚し始めている(産経・東京 9/23)。
 また近年特に増えているのは生活保護受給者やホームレスなど生活困窮者の直葬であり、直葬の増加は不況や経済格差の反映であるとも論じられている(産経・東京 9/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center