(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *臓器移植改正A案を衆議院で可決 宗教界は
本文テキスト  衆議院は18日、4つの臓器移植法改正案のうちA案を可決した。A案は「脳死は人の死」とすることを前提とし、本人が移植拒否しない限り家族の同意があれば年齢に制限なく移植手術ができる。これは小児からの臓器摘出への道を開くものとされる。一方、宗教界では可決以前の審議段階から改正に対し根強い危惧が表明されてきた。日本宗教連盟は4日に慎重な判断を求める意見を再度、衆議院厚生労働委員長に提出した。可決を受けて浄土真宗本願寺派は19日、参議院の江田五月議長あてに不二川公勝総長名で、衆議院での審議が「いのちの尊厳(重さ)という点を考えると大きな懸念を感じざるを得ません」と「慎重な審議を求める要望」を送付した。また大本は24日、第二次「脳死臨調」の設置などを求める要望書を麻生首相、全参院議員らに送った(9日付、23日付、27日付。仏教タイムス4日付、11日付、25日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center