(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *鎮守の杜の維持と生態系の復元
本文テキスト  鎮守の杜について2つの報告。茨城県桜川市の五所駒瀧神社は植材をしながら鎮守の杜を保全してきたが、近隣の里山が荒れ、<神社林を守るだけでは、地域の環境は守れないことに気づきました>という。同神社では地域の小中学校の総合学習を受け入れ、教化活動も行っている。櫻井崇宮司の報告(4日付)。
 兵庫県西宮市の西宮神社の“えびすの森”は天然記念物に指定されているが、<現在のような人工的な環境の中で杜を放っておいては自然の杜を維持することはできない>。熱帯性の棕櫚が侵入したため、それら外来種を伐採し、在来種の苗木を植え本来の生態系の復元を行っている。石井弘明神戸大准教授の報告(25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center