(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *臓器移植法改正へ向け日宗連が意見書
本文テキスト  臓器移植法改正への動きが高まり、臓器移植推進派の活動が加速化しているなかで、日本宗教連盟(日宗連)は17日、同問題に対する意見書を田村憲久・衆院厚生労働委員長及び全国会議員に提出した。同意見書は、(1)本人の書面による意思表示は絶対条件、(2)小児からの臓器移植については大人とは異なる検証システムの検討が急務、(3)第2次脳死臨時調査会の早急な設置、(4)脳死・臓器移植は普遍的医療にならないとし、問題点を残したままでの採択は「日本人の死生観の形成に禍根を残すものとの危惧を禁じえません」と結び、慎重審議を要望している。また、21日の衆院厚生労働委員会では、斉藤謙次・日宗連幹事が「脳死は人の死ではない」との立場から上記意見書をもとに意見陳述を行った(神社新報27日付、仏教タイムス23日付、中外日報25日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center