(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *危険な宗教の早期発見を 「予防宗教学」
本文テキスト  日本基督教学会関東支部会が3月27日に聖学院大学で開かれ、公開シンポジウム「それは何であるのか―神学研究とは」において<改めて「神学」を問う>た。このなかで川島堅二・恵泉女学園大教授は「宗教学の責任と可能性―特に神学との関わりにおいて」と題して講演し、「予防宗教学」を提唱。オウム事件と宗教学者のあり方の反省から、「危険な宗教の早期発見が今日の宗教学者の社会的責任ではないだろうか」と提起した(キ18日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center