(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *衆議院で臓器移植法改正案が可決
本文テキスト  衆院本会議は6月18日午後、提出された4案の臓器移植法改正案のうち、「脳死は一般に人の死」とし、現行の年齢制限を撤廃する「A案」を賛成多数で可決した。子供の臓器移植に道を開く見通し。同案と年齢制限を12歳とするB案、脳死基準を厳格化するC案は議員立法で提出されていたもので、今国会で決議されなければ廃案となるものだった。年齢制限を撤廃し15歳未満の判定に慎重なD案は、折衷案として5月15日に提出されたもの。臓器移植法は1997年に成立し、国内脳死移植は2009年5月末までに81例。WHO(世界保健機関)が臓器移植の自国内完結を促す方針を示したことも、審議と可決を後押しした。6月26日、参議院で審議入りした(毎日・東京 5/16、読売・東京・夕 6/18、西日本・福岡・夕 6/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center