(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *沖縄「遺骨収集で雇用支援を」
本文テキスト  国の緊急雇用創出事業を活用し、沖縄戦の激戦地であった那覇市内での遺骨収集作業を失業者対策に結びつけようと活動している「『遺骨収集で雇用支援を』NPO連絡協議会」は4月23日、事業化の提案書を県福祉・援護課に提出した。同課は、「崇高な活動である遺骨収集に賃金が発生すると、遺族も複雑では」と慎重姿勢。一方、協議会構成メンバーは、「失業した人には死者と向き合うことで生きていることを感じてほしい」と述べる。こうしたなか、那覇市は6月8日までに遺骨収集に失業者らを雇用する方針を固めた(沖縄タイムス 4/27・5/25・6/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center